秩父を堪能する。

秩父を堪能する。

Category::日常  Tags::, ,   Comments/Trackbaks::(0)




急に温泉を楽しんだ翌日は、さらっと秩父の仏閣巡り。

まずは、山中にあるという「三峰神社」へ。

三峰神社 鳥居

三峰神社 鳥居

三峰神社 随身門

三峰神社 随身門


妊婦でない状態であれば、そんなに大変じゃないと思うんだけど鳥居に行くまでに結構な階段と坂(-ω-;)
「山中にある」と調べてあったので、覚悟はしていたのですが、まあ…結構…運動になった!ふはは
転ばないように…とオットさんの方が、結構心配していたのではなかろうか笑

ご神木と拝殿

ご神木と拝殿

樹齢800年といわれるご神木

樹齢800年といわれるご神木


山の中にあるだけあって、木が結構茂ってて涼しい~。
夏休みも終わっているということで、人もそんなに多くなかったです。
お参りを済ませて、ご神木に両手をあててぱわ~充電!
森林浴の効果もあってか、気分すっきり!でした。

お参りを済ませたら、隣にある「興雲閣」というところで「神の湯」という温泉に入れるらしい!というのを知り、急きょひとっぷろ。
一人500円でタオル付き。
旅館のような温泉ではなかったけど、「神の湯」って言われちゃあ、入りたくなりますよねっねっ。
お湯は、昨日の旅館と同じ「ぬるっ」とした感じのお湯でした。

20分ほどお湯を堪能して次の目的地「秩父神社」へ!!

山をどわ~~~っと下りて、久しぶりに街中へ。
秩父駅近くに秩父神社があります。

秩父神社

秩父神社

左甚五郎作「子育ての虎」

左甚五郎作「子育ての虎」


先に三峰神社へ行ったせいか、あまり「荘厳さ」は感じられないものの本殿でお宮参りが行われていたり、入口に眠り猫で有名な左甚五郎作の「子育ての虎」があったり由緒正しき知知夫国の総鎮守…という感じ。

ひさびさに御朱印も2枚げっとして(スタンプラリーみたい…)御満悦でした♪

最後に、長瀞で「鮎」!
絶対堪能したいと思っていたので、ここは外せません!
オットさんは、三峰神社の時点でお蕎麦か何か食べたかったみたいですが「絶対長瀞まで我慢!」と決めていたので、結構な腹ペコ状態w

長瀞は初めて来たのですが、「ザ・観光地」って感じ。。。
あまりの空腹に石畳はちらっとみただけw
石畳そばの2店舗からは店員も出てこず、こちらから厨房に声をかけると「忙しいからかき氷しかやってない。」「忙しいから食事はできない。」と冷たくあしらわれる…(´;ω;`)
通りの中を歩いて見かけた「鮎めし」の言葉に惹かれてこじんまりとした控えめな店構え「川魚料理 松ばや」へ。

先の2店舗でトンデモな対応を取られたため、おそるおそおる店員さんに

「鮎めしって食べれますか?」
と聞いたところ
「ご注文いただいてから炊きますので、少々お時間いただければ大丈夫ですよ。」

とのお言葉が~。

オットさんは鮎の塩焼きと豚味噌ライスとザルそば(空腹すぎて写真撮り忘れ笑)、私は「鮎めし」を注文。

鮎めし♪

鮎めし♪

ほんのり塩味でおいすぃ~かった☆

ほんのり塩味でおいすぃ~かった☆


鮎めしは鮎を丸ごとお釜に入れて炊くので結構生臭いんじゃなかろうか…とオットさんは警戒していたのですが、ぜんっぜんそんなことなく。
絶妙な塩加減で鮎の香りがご飯にほんのり…また小さなお釜で炊いてあるからオコゲがおいし~~~のっ。
オットさんも、満足しておりました。

温泉、神社巡り、鮎を堪能して、満足満足。

今回でしばらくは温泉もお預け。
次は娘っこをつれての、温泉になるからまた違った旅行になるのかな~。

関連があるかもしれない記事

コメントをどうぞ

CAPTCHA



Trackback URI