急に秩父に行くの巻。

急に秩父に行くの巻。

Category::日常  Tags::, ,   Comments/Trackbaks::(0)




さ、恒例の「急に決めた温泉旅行」シリーズ?です。

臨月も近くなり、暑さも弱まりつつある週のまんなか水曜日に、オットさんが恒例の一言。

「温泉いきてー。」

で、検索ちゃん。

今回は、にんぷーの私と某試験直前のオットさんということもあり「前向きな良い氣」をもらえる方向へということに重点を置いて、二人の年盤、月盤での吉方、大吉方である「西」の「温泉」&「神社仏閣巡り」を選択。
出発日の日盤では五黄殺だったけど、そーいうのは気にしないw 
信じれば道は開けるのだ~…わは。

とはいえ、にんぷーに遠出はつらかろう…と、埼玉県内の温泉にしました。

午前中に妊婦健診&眼科の健診を済ませ、さいたま→銀座→秩父の複雑ルートでGO!
特に渋滞に巻き込まれることもなく、順調につくことができました。

民家の細い路地の裏にあり、ちょっと分かりにくいかも?
最初は「えっこんなとこに?!」と思ったけど、中に入ってみると全然違和感なく、素敵な温泉旅館の空間が広がっておりました(-ω-*)むふ

秩父七湯『御代の湯』 新木鉱泉旅館

秩父七湯『御代の湯』 新木鉱泉旅館

歴史を感じるエントランス~

歴史を感じるエントランス~


深い茶色の木のつくりで、梁なんかも見えてるんですけど落ち着いた感じで老舗感満載。
あちこちに小さな灯りと野の花のディスプレイがあり、「おもてなしされてる~」というのが感じられました。

あちこちに野花と灯り

あちこちに野花と灯り

歴史ある風情

歴史ある風情


ちょっと早めにチェックインしたので、夕食までの時間に館内をふらふらしたり温泉につかったりゴロゴロしたり。
iPhoneで画像を撮ってるので、そんなにきれいな画像でないんですけども…あちこちで撮っちゃいました。

細かいところにも野の花と灯り

細かいところにも野の花と灯り

大浴場はちょいと外に出ます。

大浴場はちょいと外に出ます。


温泉はヌルっとした感じの温泉。
もともと部屋数の多い旅館ではないので、だーれもいなかったり、居ても2人くらいだったり。
妊婦なのでサウナは入らないし長いことつかったりもしなかったけど、露天風呂のふちに座って足湯状態で結構な時間ぼーーーーっとしてたりしました。

「美人の湯」らしいので、顔にたっぷりパッティングしてきました(・m・*)

広い湯船と、お社から出る温泉☆

広い湯船と、お社から出る温泉☆

 
夜は灯りが綺麗な檜の露天でした♪

夜は灯りが綺麗な檜の露天でした♪


お料理の方は、量・味ともに申し分ないものでした。
画像の他にも、天ぷら、小さなおうどんとご飯、お吸い物、フルーツが付きます。
ちょこっとが沢山なので、いろんなものが食べたいうちらには大変満足。

「地ビール付き」プランだったので、2本の地ビールをオットさんが一人で堪能w
もともとビール好きじゃないし、ご飯のときはお茶派なので喧嘩せずに済んでおります笑

初秋といえば鮎~。量は丁度良い感じ。

初秋といえば鮎~。量は丁度良い感じ。

 
評判の玉ねぎのクリーム煮は美味でした。

評判の玉ねぎのクリーム煮は美味でした。


今回も、いきなりの予約にも関わらずとってもいいお宿だった!
帰りがけに、女将さんらしき女性から話しかけられてフクロウのお守りを「安産のお守りにもなるので」といただきました♪

今まで行った温泉宿の中で一番接客や対応など総合点の高い旅館だったんではなかろうか~。

さすが老舗だねえ…と二人で感心。
乳幼児用のプランもあるみたいだったので「娘っこが産まれたら、今度は露天風呂つきのお部屋に泊まりたいね~」と言う意見で一致!
お腹の中でうにうに娘っこも、喜んでるみたいでした笑

関連があるかもしれない記事

コメントをどうぞ

CAPTCHA



Trackback URI